【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
川俣ダム

川俣発電所 ー 川俣ダム

川俣ダム
川俣ダム

発電所の概要

川俣発電所は、栃木県日光市川俣にある東京電力リニューアブルパワー株式会社が所有する水力発電所です。
昭和38年(1963年)に運用開始しました。
発電所は地下にあるため、地上から見ることはできません。
川俣発電所は川俣ダムから取水しています。この川俣ダムは鬼怒川改修工事の一環として計画され、昭和41年に建設されました。
洪水調節、農業用水、発電を目的とした多目的ダムです。
鬼怒川の最も上流にあり、新緑、紅葉のシーズンには観光客で賑わいます。

川俣ダムでは、ダムカードが配布されていましたが、現在、コロナウイルス感染症拡大防止のため、ダムカードの配布を休止しています。
詳しくはホームページの「最新のお知らせ」からご確認ください。

鬼怒川ダム総合管理事務所(国土交通省関東地方整備局)

発電所データ

名称 川俣発電所(かわまたはつでんしょ)
管轄 東京電力
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 調整池式
最大出力 27000kW
所在地 栃木県日光市川俣

発電所の構成

取水河川 鬼怒川
最大使用水量(m3/S) 30.00
流域面積(㎢) 179.4
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

鬼怒川ダム総合事務管理所(国土交通省関東地方整備局)川俣ダム

 

川俣ダム
最新情報をチェックしよう!