【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
白石川(しろいしがわ)

刈田発電所

白石川(しろいしがわ)
白石川(しろいしがわ)

発電所の概要

刈田発電所は、宮城県白石市小原にある東北電力が所有する水力発電所です。
大正10年(1921年)1月に運用を開始しました。
最大出力は5,000kWで、七ケ宿ダム発電所、白石川から取水し、白石川へ放水しています。
この白石川は、宮城県南部を流れる一級河川で、川沿いにある約1,200本の桜は「一目千本桜」と呼ばれ、桜が咲く時期になると「おおがわら桜まつり」が開催され、お花見の場所としては宮城県でNo.1です。

発電所データ

名称 刈田発電所(かったはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 5000kW
所在地 宮城県白石市小原

発電所の構成

取水河川 白石川
最大使用水量(m3/S) 6.68
流域面積(㎢) 236.6
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス水車
水車設置台数(台) 2
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

白石川(しろいしがわ)
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件