Shigen.net
桂沢ダム

桂沢発電所

Katsurazawa-49-r1
河川一等兵, Public domain, via Wikimedia Commons

発電所の概要

桂沢発電所は昭和32年(1957年)に運転を開始し、人々の生活を支えてきましたが、北海道開発局の幾春別川総合開発事業の一環として既設の桂沢ダムの崇上げをすることに伴い、設備の改造・補強と老朽化した水車や発電機等の更新を行い、新たに新桂沢ダムとする為、2019年から工事中となっており現在は廃止となっています。
これにより、有効落差増となり、出力は15,000kWから16,800kWに増加する予定となっています。
新桂沢ダムは2022年6月に運転開始予定です。

発電所データ

名称 桂沢発電所(かつらざわはつでんしょ)
管轄 電源開発
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 貯水池式
最大出力 16800kW
所在地 北海道三笠市西桂沢

マップ

発電所の構成

取水河川 幾春別川
最大使用水量(m3/S) 23.50
流域面積(㎢) 298.7
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸三相交流同期式
発電機設置台数(台) 2

関連リンク

J-POWER  水力発電事業 計画概要

桂沢ダム
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件