Shigen.net
発電所

関西国際空港エネルギーセンター

発電所データ

名称 関西国際空港エネルギーセンター(かんさいこくさいくうこうエネルギーセンター)
管轄 関西電力
種別 火力発電
総出力 4万kW
所在地 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1

マップ

発電所の構成

総出力:4万kW[1] 1号ガスタービン

  • 発電方式:ガスタービン発電方式
  • 定格出力:2万kW
  • 使用燃料:都市ガス、灯油
  • 営業運転開始:1993年(平成5年)11月

2号ガスタービン

  • 発電方式:ガスタービン発電方式
  • 定格出力:2万kW
  • 使用燃料:都市ガス、灯油
  • 営業運転開始:1993年(平成5年)11月

発電所の概要

関西国際空港エネルギーセンターは、大阪府田尻町の陸から5km沖合の人工島の関西国際空港内に建設された火力発電所です。
日本で初めてとなる24時間稼働の国際国際空港として、1993年11月に1号機が運転を開始し、2号機までが建設されました。
2基のガスタービンで天然ガス(都市ガス)を使用燃料として発電され、空港内の変電所に送電して関西国際空港に電力を供給しています。また、灯油でも発電が可能な設計なため、発電所内に7日間分の備蓄を確保しています。

関連リンク

発電所
最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件