【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
水力発電所イメージ

寒別発電所

発電所の概要

寒別発電所は大正13年(1924年)12月に運用を開始し、北海道内で最も古い発電所として運用されてきました。
平成8年(1996年)に老朽化の為、建物と主装置を更新されました。
周辺には畑が広がり、羊諦山が一望できます。見学も受けつけており、詳しくはこちらをご覧ください。

発電所データ

名称 寒別発電所(かんべつはつでんしょ)
管轄 北海道電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 1900kW
所在地 北海道虻田郡京極町北岡

発電所の構成

取水河川 尻別川、軽川
最大使用水量(m3/S) 15.30
流域面積(㎢) 613.7
取水箇所数 2
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台)

マップ

関連リンク

新・エネルギー環境教育情報センター 施設見学ガイド

水力発電所イメージ
最新情報をチェックしよう!