【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
漁川ダム

漁川ダム管理用発電所

発電所の概要

漁川ダム管理用発電所は、千歳川水域総合開発の一環として建設され、1980年に完成し運転が開始されました。
国土交通省の北韓道開発局管轄のダムでは、貯水量が最も小さい多目的ダムです。

発電所データ

名称 漁川ダム管理用発電所(いざりがわだむかんりようはつでんしょ)
管轄 国土交通省北海道開発局
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 流込み式
最大出力 1600kw
所在地 北海道恵庭市盤尻

マップ

発電所の構成

取水河川 漁川
最大使用水量(m3/S)  6.57
流域面積(㎢) 123.4
取水箇所数 1
水車形式 フランシス
水車設置台数(台) 2
発電機形式 同期式
発電機設置台数(台)

関連リンク

国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部

漁川ダム
最新情報をチェックしよう!