【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
水力発電所イメージ

碇発電所 土木遺産に認定されている赤レンガ作りのモダンな発電所

発電所の概要

碇発電所は、秋田県鹿角市にある三菱マテリアルが管理している水力発電所です。
レンガ作りのモダンな外観が目を引くこの碇発電所は、明治40年(1907年)2月に運用開始し、その面影を現在も残しており、2005年に(公社)土木学会により歴史的土木建築として認定されています。
当時は出力480kW(横軸フランシス水車)で運転していましたが、その後、更新をして現在は1,800kWとなっています。

発電所データ

名称 碇発電所(いかりはつでんしょ)
管轄 三菱マテリアル
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 1800kW
所在地 秋田県鹿角市八幡平

発電所の構成

取水河川 米代川
最大使用水量(m3/S) 6.68
流域面積(㎢) 300.0
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

三菱マテリアル 碇発電所

水力発電所イメージ
最新情報をチェックしよう!