【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
寒河江(さがえ)ダム

本道寺発電所【地下にある水力発電所】山形

寒河江(さがえ)ダム
寒河江(さがえ)ダム

発電所の概要

本道寺発電所は、山形県西村山郡西川町月岡に位置する、東北電力株式会社が所有する水力発電所です。
平成2年(1990)年に運用を開始しました。
取水源である寒河江ダムは、県内最大の多目的で、ダム湖百選にも選ばれています。
ダム周辺は、スキー場などリゾートとしても整備がされており、観光資源にもなっています。
本道寺発電所は、地下にあるため、GoogleMap の航空写真で見ても建物を確認することができません。
寒河江ダムから取水し、発電に使われた水は地下にある放水路を通って下流にある水ヶ瀞ダムへ流れ、水ヶ瀞発電所でも使われています。

発電所データ

名称 本道寺発電所(ほんどうじはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 貯水池式
最大出力 75000kW
所在地 山形県西村山郡西川町月岡

発電所の構成

取水河川 寒河江川
最大使用水量(m3/S) 62.50
流域面積(㎢) 231.0
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

東北電力 本道寺発電所パンフレット

国土交通省 最上川ダム総合管理事務所 寒河江ダムの概要

寒河江(さがえ)ダム
最新情報をチェックしよう!