Shigen.net
原町火力発電所

原町火力発電所

原町火力発電所
CC 表示-継承 3.0, リンク,ウィキメディア・コモンズ経由

発電所データ

名称 原町火力発電所(はらまちかりょくはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 火力発電所(汽力)
総出力 200万kW
所在地 福島県南相馬市原町区

マップ

発電所の構成

1号機

  • 定格出力:100万kW
  • 使用燃料:石炭(海外炭)、木質バイオマス
  • 営業運転開始:1997年7月

2号機

  • 定格出力:100万kW
  • 使用燃料:石炭(海外炭)、木質バイオマス
  • 営業運転開始:1998年7月

発電所の概要

福島県南相馬市の太平洋岸に位置する石炭火力発電所です。
1997年に1号機が運転開始し、2号機まで建設されました。
使用する燃料は全量海外炭でしたが、2010年木質バイオマスの混焼を始めました。

公害をイメージするものとして描かれる事が多い石炭火力発電所では、集塵装置を始めとする「硫黄酸化物・窒素酸化物・ばい煙」の防止対策・騒音・一般排水・温排水などへの対策に最新の技術を導入し、環境負荷の低減を図るために努力しています。

1号機の100万㎾機は、東北電力では初の国内最大規模となります。
設備の導入は、超々臨界圧のボイラー・蒸気タービンを採用し、熱効率は44%を達成しました。この熱効率は、世界最高水準となります。

2号機では、主蒸気温度、再熱蒸気温度共に600℃まで高め、更なる効率向上を図りました。

現在では、東北電力の石炭火力発電所としてベースロード電源(発電コストが安く、昼夜を問わずに安定的に稼働)としての役割を担っています。

関連リンク

原町火力発電所
最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件