Shigen.net
江の川

江の川

江の川(ごうのかわ)

基本情報

江の川(ごうのがわ)は、島根県と広島県を流れる一級河川で、その源を広島県山県郡北広島町阿佐山(標高1,218m)に発し、いくつもの小支川を合わせながら北東に流れ、広島県三次市で馬洗川,西城川、神野瀬川を三方より合流して西へ流れ、島根県で出羽川、八戸川などを合わせて江津市において日本海に注ぎます。

幹川流路延長194km、流域面積3,900㎢で、幹川流路延長は全国で12位、流域面積は16位となっており、中国地方最大の河川です。

流域内市町村

広島県
山県郡北広島町、安芸高田市、三次市、世羅郡世羅町、府中市、庄原市

島根県
邑智郡邑南町、美郷町、川本町、江津市、浜田市

河川施設

ダム

ダム名 型式 堤高 ( m ) 流域面積
( ㎢ )
有効貯水容量
( ㎥ )
土師ダム 重力式コンクリート 50 307.5 41,100,000
浜原ダム 重力式コンクリート 19.0 3,000 2,600
香六池 アース 22.5 3.4 274,000
大和池 アース 15 1.5 152,000
板木溜池 アース 33 2.7 240,000
廻神溜池 アース 18.6 0.7 144,000
灰塚ダム 重力式コンクリート 50 217 47,700,000
国兼池 アース 16.4 13.6 1,060,000
直助溜池 アース 16 0.9 106,000
目谷ダム ロックフィル 49.7 8.1 1,186,000
庄原ダム 重力式コンクリート 42 4.2 638,000
扇谷池 アース 17.5 1.9 250,000
沓ヶ原ダム 重力式コンクリート 19.5 194 320,000
高暮ダム 重力式コンクリート 69.4 159.3 35,858,000
八戸ダム 重力式コンクリート 72 164 23,200,000
波積ダム
(施工中)
重力式コンクリート 48.2 13.5 3,240,000

水力発電所

発電所名 発電形式/
発電方式
流域面積
( ㎢ )
最大出力
( kW )
運転開始年
壬生 水路式
流込み式
122.60 162 1957
土師ダム
(管理用)
ダム式
流込み式
307.5 490 1995
新熊見 水路式
流込み式
2446.00 23,300 1995
ダム水路式
貯水池式
140.18 36,000 1956
明塚 ダム水路式
調整池式
3000.00 25,000 1953

利用状況

江の川の水は、おもに農業用水、工業用水、上水道用水、発電用水に利用されています。
水の利用料の割合は、発電用水 94.5%、農業用水 4.4%、工業用水 0.7%、上水道用水 0.2%、その他用水 0.2% となっています。

また、利用件数でいうと、農業用水が全体の81.1%を占めており、次に発電用水 5.8%、上水道用水 7.3%、その他用水 5.1%、工業用水 0.7% となっています。

引用元:江の川水系河川整備計画 – 中国地方整備局 – 国土交通省

過去の災害

江の川で甚大な被害を受けた水害で代表的なものは、1945年(昭和20年)の台風による被害で、この時の被害状況は死者・行方不明者2,091名、家屋全半壊・流失8,183戸、床上・床下浸水68,536戸です。
昭和47年7月に発生した梅雨による洪水はこの記録よりも水位、流量が上回りました。
平成以降の主な水害は以下の表の通りです。

被害発生年 被害状況
1995(平成7)年 床上浸水 2戸、床下浸水 34戸
1998(平成10)年 床上浸水 1戸、床下浸水 37戸
1999(平成11)年 床上浸水 35戸、床下浸水 253戸
2006(平成18)年 床上浸水 8戸、床下浸水 145戸
2006(平成18)年 家屋全半壊・流出 3戸、床上浸水 77戸、床下浸水 176戸
2010(平成22)年 床上浸水 21戸、床下浸水 36戸

ライブカメラ

江の川の現在の様子を6カ所から観ることが出来ます。

国土交通省 浜田河川国道事務所

江の川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件