【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
水力発電所イメージ

発電所の概要

郷内発電所は、昭和15年(1940年)に秋田県由利本荘市矢島町元町にある東北電力が所有する水力発電所です。
最大出力は13,200kWで子吉川ダムから取水し、子吉川へ放水しています。
高さ38mあるコンクリートシェルダー内に、高さ20mの巨大な水槽が収まっており、水槽には直径2.8mの導水管が接続されているのが特徴です。

発電所データ

名称 郷内発電所(ごうないはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 調整池式
最大出力 13200kW
所在地 秋田県由利本荘市矢島町元町

発電所の構成

取水河川 鶯川
最大使用水量(m3/S) 15.00
流域面積(㎢) 157.3
取水箇所数 3
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

関連リンク

秋建時報 土木建築の近代化遺産 郷内発電所

水力発電所イメージ
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件