【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
相俣ダム(あいまたダム)
相俣ダム(あいまたダム)
相俣ダム(あいまたダム)

発電所の概要

相俣発電所は、利根郡みなかみ町にある群馬県企業局が所有する水力発電所です。
昭和33年(1958年)に運用開始しました。
赤谷川から取水し、発電に使われた水は須川川へ放水され桃野発電所でまた使われます。

発電所データ

名称 相俣発電所(あいまたはつでんしょ)
管轄 群馬県企業局
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 貯水池式
最大出力 7700kW
所在地 群馬県利根郡みなかみ町相俣

発電所の構成

取水河川 赤谷川
最大使用水量(m3/S) 10.00
流域面積(㎢) 110.8
取水箇所数 1(相俣発電所)、1(相俣第二発電所)
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

群馬県 利根発電事務所管内 相俣発電所

相俣ダム(あいまたダム)
最新情報をチェックしよう!