Shigen.net
七尾大田火力発電所

七尾大田火力発電所

七尾大田火力発電所tom-spring, Public domain, via Wikimedia Commons

発電所データ

名称 七尾大田火力発電所(ななおおおたかりょくはつでんしょ)
管轄 北陸電力
種別 火力発電所
総出力 120万kW
所在地 石川県七尾市大田町114部2の4番地

マップ

発電所の構成

総出力:120万kW
1号機

  • 定格出力:50万kW
  • 使用燃料:石炭
  • 蒸気条件:超々臨界圧(Ultra Super Critical)
  • 熱効率:43%(低位発熱量基準)
  • 営業運転開始:1995年3月17日

2号機

  • 定格出力:70万kW
  • 使用燃料:石炭、木質バイオマス
  • 蒸気条件:超々臨界圧(USC)
  • 熱効率:44%(低位発熱量基準)
  • 営業運転開始:1998年7月1日

発電所の概要

七尾大田火力発電所は、石川県七尾市にある北陸電力の石炭火力発電所です。
発電方式は汽力発電で、使用燃料は石炭のみです。

七尾大田火力発電所が建設されるまでには、年月がかかっており、1970年に北陸電力が石川県河北郡内灘町に石油を燃料とした「金沢火力発電所」の建設を申し入れましたが、反対により計画を断念しました。

その後、1973年には七尾市の通称「トクサ地区」に石油を燃料とした「七尾火力発電所」の建設を再度申し入れましたが、またも地元の反対により再度断念し、1980年に七尾市大田町に立地場所を変更をし、燃料を石油からLPガスへ変更しました。
1991年には建設工事を着工し、現在の「七尾大田火力発電所」は1995年3月に1号機が営業運転を開始し、2号機まで建設されました。

燃料は、石油から液化石油ガスに変更し、最終的には現在の石炭になりました。

関連リンク

七尾大田火力発電所
最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件